沼田塾・オリジナル塩壺

先日リバレインの『ぶどうのたね』へ行った時

一目惚れして購入した 塩壺
ずっとお塩の入れ物を探してて
気に入るものがなく
袋のまま使ってました

この塩壺を見たとき
かわいい〜と思いました
c0318224_14484335.jpg

商品を購入する時は
ブランドや作家など気にせず
あっ‼︎これだ‼︎と感じる時に即決します

迷う時は買わないようにしてます

もちろんこの塩壺は即買いです

後で知ったのですが
この塩壺は1200度以上で長時間焼き続けることで
硬く、高密度で呼吸するように
湿気を外に出してくれる器になるそうです
お料理をする時に 濡れた手でお塩をつまんでも その後 壺の中でサラリとした塩に戻るとの事

お店には中、小、極小サイズがありました
私が選んだのは極小サイズ
直径8cmほどのものです

c0318224_14484422.jpg

今 使ってるまたいちの塩を入れてみました

機能的で長もち
その上 シンプルで美しいもの
こういう言葉がピッタリの作品ですね

またこれでお料理が楽しくなります
[PR]
by itomi-hakata | 2014-06-11 14:48 | 好きなもの | Comments(0)